あと2週間を切りました

皆さん、お久し振りです。

 

11月3日まで、あと2週間を切りました。

 

イベントの企画を始めたのが、桜がまだ咲く前でしたが、今となってはあっという間にこの時が来たという感じです。

 

実行委員会も立ち上げ、安芸高田市や安芸高田市教育委員会、安芸高田市観光協会の後援を頂き、少しずつ大々的なイベントになってきました。

 

 

 

イベント会場正面入り口には、向原のアーチストの稲垣氏と田川氏による、いのしかんをモチーフにした下絵を描いて頂き、それにこばと園の園児さんに色を付けてもらうという大胆不敵なコラボレーションを企画しました。

 

また音楽好きが集まって企画したイベントとして、相応しい出演者の方々も沢山出られます。

 

皆さん、是非、ワークショップや雑貨やお菓子などの買い物の合間や安芸高田ご当地料理を食べながらステージをご鑑賞ください。

 

 

各方面からイベントに関してお話を聞かさせて頂きますが、ある方面では「全然告知をしてないから、どうなっとるの?」という声もありますが、正反対の「何か、大勢の人が集まる大きなイベントをやるんじゃねぇ~」という声も頂きます。

 

これだけ関心を持って頂いていることにとても感謝しております。

 

サブタイトルに「未来は僕らの手の中に」と銘打っているように、地方都市の過疎化が進む中、若い方たちが率先して、若い方たちも楽しめる事が出来るようになってもらいたいと考えております。

 

多くの場所でこういった企画がされていますが、形は違えど根本的な考えは皆さん同じだと感じます。

十人十色、やり方などは違っても楽しみ方は何万通りとあるのです。

大いに盛り上がっていきましょう!

 

是非、市内や市外から多くの方の来場をお待ちしております。